COREDO



会社は、
経営者の器以上に大きくならない。

こんな格言は、
誰もが一度は聞いたことがあると思う。

直感的だが、
これは、
真理なような気がする。

それだけ、
リーダーというのが、
組織において、
重要になってくるというのは、
誰もが肌感覚でもっていると思う。

会社の大きさとは、
単純な規模のことかもしれないし、
時価総額、売上高、利益額、従業員数かもしれない。

とにかく、
経営者の器が小さいと、
上記要素はこじんまりとしたものになる。

出来立てホヤホヤのスタートアップ企業以外で、
設立から10年ぐらい経過している会社は、
生き残っている時点で、
凄いことだが、
設立時から大きくなっていないだとすれば、
何かがうまく回っていないのだと思う(意図的なのを除く)。

経営者の分類として、
立ち上げる人/大きく発展する人/復活させる人、
といったステージに適した役割がある為、
大きくなっていなければ、
外部から引っ張ってきたり、
後継者に譲るといった策を講じるのも一つの手だ。


↑共感したらタップ!