060116132322



自由経済と標榜されるが、
いまの日本は本当にそうだろうか。

古い体質から変わってきているとはいえ、
未だに、
年功序列だし、
昇給は見込めない。

こんな会社は多くある。

こういったも労働者のデメリットを補うのは、
終身雇用で、
身の保障をしてくれたり、
退職金といった、
給与の後払いがあるから、
労働者は納得していた節がある。

しかし、
この時代は、
大企業でも、
潰れる。

会社が潰れたら、
雇用もできなくなるし、
退職金なんてものもなくなる。

会社が潰れてしまえば、
労働者は、
我慢してきた分、
損をすることになる。

本当に自由経済ならば、
報酬は、
貢献や成果に応じて、
きちんと今時点で、
手にすべきだし、
将来にわたって、
会社に依存することが、
リスクになる。

だから、
終身雇用と退職金って、
会社側にとって、
メリット度合いが高い制度だ。

つまり、
報酬を先延ばしにしているだけだから。

真の自由経済ならば、
現在に価値を置いて、
仕事をして、
報酬を得ることが必要になる。

これができないと、
いつまでたっても、
労働者は搾取される側にいることになる。


↑共感したらタップ!