20100526那覇空港



ボトムアップ型とトップダウン型。

大企業において、
新規事業を創出する際、
どちらがいいか、
トップダウン型だと思う。

現場からでてくる新規事業とは、
既存事業の延長である可能性が高いが、
経営サイドから強烈あコミットメントのもと、
新規事業が開発されなければ、
生きる死ぬの問題に関わる新規事業は開発できない。


加えて、
新規事業を開始するにあたって、
IRRであったり、
DCFで測定しようとしているが、
そもそも、
この投資の性質に照らし合わせて考えれば、
将来どのようになるのか、
不確実性が満点であるから、
従来の投資尺度に即さない。

新規事業を開始をするにあたっての、
測定方法は、
存在しなく、
経営のセンスに頼るところ大だ。

だからこそ、
資金体力のある大企業が、
財務戦略を多少度外視してでも、
トップダウンのもと、
成長戦略を念頭に開発していかなければならない。


↑共感したらタップ!