o0640048010577946865



息子が通っている保育の朝の風景は、
お父さんが送っている率が非常に高い。

登園に付き添うのは、
父親の務めと当たり前に思っていたが、
昔はそうでもなかったらしい。

ひと昔前は、
お母さんが送り迎えをしていた、
と保育の先生から聞いた。

いまでは、
送るのは父親。
迎えるのは母親。
この形態をとっている割合が多い。

これって、
時代は変わるということに他ならない。

昔の常識は、
少しずつ変わってきている。

変わってきているといえば、
学生時代の悪しき風習だったウサギ飛びなんかも、
もう完全に無くなっている。

これって、
社会のトレンドはどんどん良くなっているということだ。

だから、
おかしいことは、
おかしい、
と叫んで、
実際に手を動かして行動すれば、
社会は変わる。

少しでも社会を良くしようとする個々人の想いが、
これから先の未来を変える。


↑共感したらタップ!