w960-c99125a9



食事に行ったときの会計支払いで、
その人のカッコよさがでる。

昔は、
年長者が年下に奢るというのが、
当たり前だったが、
僕の考えは自分で食べたものは、
自分で支払うのが原則。

とはいえ、
いっつも割り勘な年上の人がいたら、
けち臭いな、
とも思ってしまう。

今日、
ランチとディナーで、
別々の経営者と一緒だったが、
どちらともスマートに会計をしてくださった。

一宿一飯の恩というのは、
いまの時代でもあると思う。

ありがたい気持ちが自然発生してしまう。

うがった見方をすれば、
ご馳走をするというのは、
投資対効果は高い。

ヒトの心を動かすには、
ときにはカッコつけも必要だ。