ginzasix-1-550x412



「GINZA SIX」に行ってきた。

この商業施設、
銀座松坂屋の跡地にできた新しい百貨店を標ぼうしている。

ここは、
従来の百貨店の店舗とは違って、
とにかくオシャレだった。

屋上も、
小規模遊園地なんかはなくて、
自然と調和された雰囲気で、
子どもが水場で遊べるような設計をされていて、
新しい施設というのが体感できた。

しかし、
もっと特筆すべきは、
百貨店のビジネスモデルの変化だ。

いままでの百貨店のビジネスモデルは、
「消化仕入れ」というの主流だった。

百貨店は在庫をもたず、
商品が売れたときに仕入れと売上を、
認識する基準を採用したモデルだ。

つまり、
口銭的な商取引だ。

このやり方だと、
もちろん利幅は小さい。

そして、
この利幅が小さいモデルでは、
数量を稼がなければならないが、
昔のようには百貨店がイケイケでないのは、
自明だ。

だから、
「GINZA SIX」では、
新しいビジネスモデルに変更した(と思う)。

百貨店は、
不動産業のように、
テナントビジネスになり、
販売側と賃貸借契約を結んでいる。

要するに、
百貨店は、
不動産業に大きく舵を切るという示唆が、
「GINZA SIX」から得られる。

ということは、
今後、
百貨店は不動産屋とアライアンス締結が、
より加速されるだろう。

今回「GINZA SIX」が、
エッジが効いた開発をしてきた森ビルと組んだのは、
大いに納得ができる。