c020edb5

税金や社会保険を削減指南を主とするコンサルが、
結構いる。

彼らの持っているナレッジは、
確かに舌を巻くものがある。

全てが、
合法的であり、
大企業の税務担当者や、
社会保険のプロも顔負けだ。

彼らのクライアントは、
もちろん企業の経営者。

経営者は、
いかにキャッシュを蓄えておくかを、
常に考えているから、
彼らのコンサル提案は刺さる。

しかし、
税金や社会保険の削減ばかりだけでは、
商売はできない。

商売の基礎である、
”稼ぐ”ことが、
できない経営者が、
税金や社会保険の削減を気にしても、
何の価値もない。

儲かっている会社だけが、
悩やめるネタが、
削減マターだ。

だから、
節税なんかを気にすることができる経営者は、
儲けることには長けている証拠ともいえる。

コストコカットしかり、
節税しかり、
何かを”削る”という経営課題を持っている会社は、
しっかりとした”稼ぐ”という土台ができている。

この土台がないうちから、
削減のこととか気にしているようでは、
商売はできない。

まず、
稼ぐ。

話はそれからだ。