soku_31823


独立すると、
安定やら、
保障とは、
無関係となり、
ヒリヒリする刺激的な日々だ。



平坦でないからこそ、
楽しいのだが、
この刺激よりも、
嬉しいことがある。



それは、
仕事をするヒトを選べることだ。



会社員として修業をしていた10年間は、
上からの命令は絶対で、
一緒に仕事をするヒトを選べなかった。



相性の合わないヒトだっていた。



それでも、
自分を抑え込んでも、
仕事をして、
業務を遂行していた。



これは、
ある種の嘘を自分についている状態。



内心は嫌なのに、
外的にはそれを出さない。



自分に嘘をついている状態だったら、
そりゃ、
ストレスが溜まって、
あらぬ方向に吐き出すこともあった。



だからこそ、
いま、
唯一ルールを決めている。



それは、
嫌な奴とは仕事をしない
である。



独立したら、
食うカネが必要だから、
ワガママ言ってないで、
なんでも仕事をしなければならない、
という意見もある。



確かに一理ある。



ただし、
嫌な奴と仕事をして、
最高のパフォーマンスが発揮できるか。



否。



独立してまで、
カネの為に自分に嘘をついて、
パフォーマンスを低下させるというのは、
最悪のスパイラルだろう。



弱小ポジションで、
勝てる唯一の手段は、
成果を出せる環境に身を置くこと。



僕の場合、
成果を出すには、
好きなヒトに囲まれることだ。



好きなヒトで溢れさせればいい。