file


粗利は、
会社のガソリンだ。



粗利が無ければ、
会社は存続できない。



大事なのは、
粗利の配分について、
経営が決めるところにある。



主な配分内容は以下のとおり。



①人件費
②物件費
③インフラ費
④交通費
⑤広告費
⑥諸経費
⑦営利



新たな事業年度を迎える前に、
予算を決める。



予算は、
目標だ。



目標なければ、
進むべき座標軸がない。


つまり、
予算は座標軸。



この座標軸を決める際、
上記7つの割合をどんぶり勘定でもいいから、
決めることが肝要となる。



事業運営が始まると、
実績が取得できる。


ここで、
実績と目標の差分について、
分析を毎月することで、
次のアクションを立案できる。



計画目標を立てないで、
新しい事業年度を始めると、
それは、
やみくもに走っているだけ。