僕の絶対守る行動指針はこれ。


目の前の人を助ける


そこに、
主従関係はない。


目の前のヒトに貢献することしか、
考えていない。


一方、
貢献というよりも、
仕えるという気持ち、
つまり、
主従関係の発想になるヒトは、
結局のところ、
自分にしか視点がない。


なぜなら、
人間関係のポジションとして、
自分の位置をその都度確認していて、
そこに上下関係、
つまり、
主従を見出しているから。


だから、
主従関係をすぐに感じるヒトは、
貢献する意思が希薄となり、
助けるというよりも、
”あげてやっている”発想になる。


貢献する意思が希薄となれば、
そこに信頼は生まれない。




これからの時代、
会社といった古い組織が崩壊する前提ならば、
個人の信頼を構築しないと、
生き残るのが大変になる。


だからこそ、
貢献して、
信頼を得なければ、
生存が危うい。


もし、
対人関係を主従関係として、
捉えるクセがあるならば、
そこに真の信頼関係は築けないだろう。


では、
どうしたらいいか。


繰り返すが、
これしかない。


目の前のヒトを助ける


これしか生き残れない。


いかに相手の気持ちになって、
相手の「課題」は何かを察知して、
それを解決するよう貢献するしかない。


なんだっていい。


自分がもてる能力を存分に発揮すればいいだけ。


能力がないと思えば、
雑用だって積極的にやればいい。


飲み会のセッティングだったり、
出張の手配だったり、
関心がありそうなニュースを伝えたり、
なんだってできる。


これらができないヒトは、
クソみたいなプライドが高いだけで、
誰からも信用されなくなる。