問題を与えられ、
それを解決する思考は、
幼少のころから叩き込まれているから、
解決至上主義に陥っている傾向が強い。


問題がでたら解く。
問題がでたら解く。


この反復反射だと、
一見すると思考しているようだが、
根っこから考えていない。


つまり、
問題自体を疑う、
というところがない。


それほんま?


という姿勢で対峙しないと、
詐欺師なんかのいいなりなる。


設問自体を疑わないと、
根っこの問題は解決しない。