応募すること。


まずもって、
自ら手を挙げないと、
社会は反応してくれない。


よくいわれるように、
部屋のなかで待っていても、
何も変わらない。


部屋から出て、
応募してみて、
社会から反応が返ってくる。


思った通りの反応でないかもしれない。


しかし、
それでオーケー。


結果がわかってはじめて、
手を替えることができる。


行動してこそ、
変わることができる。


方向性を頭で考え、
実際に手を動かして、
コトが成し遂げられる。