都内を移動するとき、
電車にしようか、
タクシーにしようか、
歩きにしようか、
なんて考えることがある。



電車だと安いけど、
混んでいたら嫌だな。


タクシーなら快適で早いけど、
少し高くつくかな。


歩きあなら疲れるけど、
いい気分転換になるな。


といった具合に、
その場その場で、
選択肢の長短を考える。


何が言いたいかというと、
選択肢をもつことによって、
最適な行動を考えることができる、
ということ。


そして、
選択肢を増やすには、
要素毎に制約を設けないこと。


とはいえ、
選択肢が多すぎると、
判断に使うエネルギーを消費するから、
敢て選択しないと決めるのもひとつだ。


ただなんとなく決めるではなく、
選択肢を用意するにも、
選択肢を捨てるにも、
事前に「考える」というステップあってこそ。


考えるのをやめて、
「前例」だから、
「常識」だから、
という理由で行動を決めていると、
自分の人生を生きていないに等しい。


せっかくだから、
自分の人生を生きる為、
自分で考えて決めていきたい。