朝起きて、
ネット記事をサーっと流し読みを習慣にしている。


そこでお客さんの事業に関する記事を見つけては、
URLと要約をメールで送っていた。



しかし、
どうもメール自体を見なかったり、
リンク先に飛ぶというステップが、
いまの時代に即しておらず、
なかなか有用な情報を届けれていなかった。


で、
ラインやメッセンジャーにて、
記事そのものをスクショで連携し出すと、
開封率が断然向上した。



一発でわかるビジュアルこそ、
いまの時代に適している。



ダラダラ長文を書くのは、
適正な情報を得るには必要だが、
情報過多な時代は、
どの情報を深堀すればいいか、
というファーストステップが大事だから、
一発でわかるスクショをより利用していくだろう。


ということは、
ラインの会話なんかも、
すぐスクショされる前提と考えた方がよくて、
スマホでのやり取りの秘密性は、
ほぼ筒抜け。


だから、
本当に大切な情報は「会って」こそ。


情報過多な時代だからこそ、
会うというアナログの価値が高まる。