ギバーであるか?


テイカーであるか?


どっちに属しているヒトかを、
割りとしっかり見ている。


「くれくれ」ばかり言う、
真正のテイカーは、
まじで害しかないから、
距離を置くようにしているが、
本性は初めっからわからない。


初対面で、
そのヒトのテイカー度合いがわかるような、
真贋は僕にはない。



だから、
僕は、
ギブギブギブギブしまくって、
一定期間、
貢献しまくっている。


打算的かもしれないが、
ある種の確認作業をしている。



くそテイカーは、
調子に乗るし、
まともなヒトは、
必ずお返しをしてくれる。


これ、
独立して1.5年経ったいまだからわかる。



チャンスを見つけるには、
とにかくギブ。



動きまくってギブ。


ことあるごとにギブ。



テイカーは一定期間でさようなら。