人の話を聞く。


コミュニケーションの基本中の基本。


「人の話を聞く」


言う易しだが、
行うは難し。



聞いている風だが、
実際は聞いていないことが多い。



例えば、
直近において相手が話したことを、
復唱しようとしたら、
きっと詰まるだろう。


そこには、
自分のフィルタを介して「思い込み」が入って、
勝手に変換されている。


自分の都合のいいように解釈をして、
「人の話を聞いている」。



自分のことばかり話したい気持ちで、
人のことを聞いていないことに気付くことが多い。



これで、
コミュニケーションがとれているわけではない。



相槌を打ったり、
ミラーリングしたりしたらいい、
みたいなテクニックの話ではない。



本気で聞くことに集中しさえすればいい。


そして、
相手を知りたいという本能むき出しで臨むこと。


相手の話を聞けば、
相手だって自分の話を聞いてくれる。



コミュニケーションは受発信。


まず先にあるのは、
受信。


徹底的に聞くことを極めれば、
コミュニケーションはとれる。