経営者の相談受け商売していると、
よく税理士に遭遇することがある。


税理士っていうのは、
そもそもが国税庁の出先機関であり、
経営者のコンサルティング機能というものは本来は有していないし、
能力的にも足らないと思われる。


しかし、
経営者が税理士望むのが、
経営を見て欲しいであったり、
数字を見てもらいたい、
そういった総合的な相談役としての認識がある。


ただ、
税理士は記帳代行であったり、
先ほども申し上げた国の出先機関であるがため、
税金を納めさせることにフォーカスして、
監督官庁目線。


経営に適切なアドバイスをしない税理士に遭遇することが大変多いが、
当たり前っちゃー、
当たり前で、
税理士に改善求めるとこと自体、
どうなの?だと思う。


税理士とは一体どんな仕事なのかを、
経営者は認識をし直した方がいい。


つまり、
税理士というのは税金を納めさせる役割を担っているということを強く認識すべきであって、
旧態然とした行政目線での改善内容だったりする。


例えばシステムも古いシステムを導入をしたり、
未だに紙ベースでの処理を推奨したり、
と監督官庁の目線である。

一方、
商売人は、
お客さんをいっぱい喜ばせてナンボで、
少しでも生産性を上げる努力を、
毎日している。


ここにギャップがある。



経営者は、
税理士とはどんな役割を担っているか、
を認識した上で
出来るだけ、
若くて新進気鋭で、
記帳代行といった仕事をしなくて、
監督官庁目線でない、
自身も商売をやっている税理士を、
顧問にした方がいい。