動き出す前に、
考え方に時間を割く。


がむしゃらに動いて、
気付くこともあるが、
北海道に行こうとして、
沖縄に向かって全力疾走していた、
みたいなことにもなりかねない。


動か出す前に、
方向性だけは決めたい。


それは、
「有りたい姿」設定にも言い換えられる。


過去において、
事業会社やベンチャーの現場で、
何かしようとしても、
大体が、
「いまのわが社はxxxだから出来ない」
といった「現状」に引っ張られるのに、
何度も遭遇してきた。


大手でも中小でも、
各現場での「現状維持」の力は、
強大だった。


改善って、
いまある現状をどうするか?
ではなく、
どんな姿になりたいか?


この問いに対しての合意が形成されるかだ。


「有りたい姿」が決まれば、
そこまで到達する為の手段はなんぼでもある。


現在地を明らかにして、
目的地からの逆算思考をしていきたい。