マーケット価格は、
全て正しいか?


答えは、
正しくない。


そもそも、
正誤という概念がない。


需給によって、
価格は調整されるが、
市場も人間が作り出すもの。


そこには、
必ず誤謬がある。



一物一価という理論を無視して、
安過ぎたり、
高過ぎたりすることがある。


となると、
それを見極めたり、
タイミングを見定めたりする力があれば、
価格差を大きく利用することができる。


価格は、
欲しい人と、
譲りたい人が合意すれば、
形成されるもの。


相対するのは人間。


人間がすることには、
必ずエラーが生まれる。


エラーを拾いにいく。


こんなスタイルもあっていい。