医者の時間外が年間2,000時間までオーケーという流れに対して、
人手不足を改善せよ、
といる論調が多い。


ただ、
供給サイドを変えればいいのか、
と疑問を覚える。


例えば、
医療の自己負担を7割にしたら、
従事者人手不足解決も、
社会保障予算低減も実現できそうな気がする。


そんな簡単なことでもないのかもしれないが、
需要サイドの医療に対する姿勢を変えていくことの方が、
効果は大きいと思う。


いまの病院の頼りやすさは素晴らしいけど、
一方、
依存しやすい環境でもあって、
何でもすぐに病院に行ったりするのも事実。


働き手を増やすよりも、
医療サービスを受ける仕組みを変える方がいい気がする。