ひとつの事実に、
100の解釈がある。


客観的な事実というものは、
もしかしたら、
存在しないのかもしれない。


事実の提示は、
数字で表されることが多いが、
数字の見せ方や、
解釈の仕方は多種多様になる。


事実と言われるものを、
概念として捉えて、
そこから解釈をする。


事実を無防備に受け入れるのは、
注意していきたい。