工場

人気ブログランキング

ビジネスプロセスを単純化する試みは多くなされている。

幾つかのパターンはあるが、
代表的なのはBCG(注射じゃないよ)出身のミスミ(僕の古巣)会長である三枝匡さんのだろう。
創って→作って→売る
商品開発して、生産して、販売するというプロセスを直感的に表現している。
確か、三枝さん著『V字回復の経営』にも記載されていた。

ビジネスの最小単位として「創って→作って→売る」をユニット化した組織でもって、このサイクルをいかに早く回すかが勝負だと。

さすが超有名コンサルティングファーム出身だから、
既存ビジネスを改善するためのフレームワークとして成立している。

だけど、商売の根っこのところって違う

僕が大阪船場やベンチャー企業で学んで考えついたビジネスプロセスはこうだ。
集めて→売って→離さない
新規見込み客を集客して、販売して、リピートしてもらうというプロセスだ。
一にも二にも、お客起点のビジネスプロセスだ。

基本、商売では何(プロダクト)を取り扱っているかは問題でない。
再三言っているが、商売では何を扱っているかより、何故取り扱っているかが重要だということ。
自分が実現したいことをするために手段としてプロダクトがあるだけだから。

一方、大手企業だと、
プロダクト発想がまず一番初めにくるから「創って」になるのだろう。

再度、僕は言いたい。
マーケット発想でいきましょうよ、と。

マーケット発想ならば、第一に考えなければならないのは、新規見込み客を集客することだ。
会社の規模に関係なく、新しいお客さんがこないと成長はないし、最後は倒産するんだから。
そして、集客するのが一番しんどくて、泥臭くて、難しい。
だから、これをまず考えて実行しなければならない。

プロダクト発想による、商品開発を一番にもってくる時代はもう終わっている。
マーケット発想による、集客を一番にもってくることができる会社だけが生き残れる。

←共感したらタップ!