スタンドバイミー



プロセス か 結果のどちらが重要か。
よくある二者択一の問いだ。

プロセス重視ならば、
結果よりも全力で臨む姿勢が大事な「人事を尽くして天命を待つ」。

結果
重視ならば、
何をやっても結果さえ出ればok的な「勝てば官軍」。

それぞれに、上記慣用句が該当するだろう。


■商売は結果勝負
商売においては、成果を出せなければ、
継続できないため、結果の方が重要だろう。

ただし、新規事業の立ち上げ時は、
なかなか、というか、全く想定した通りの結果が出ない


■なりふり構わないプロセス
結果が出ない時は、
本当に何をやったらいいかわからなくなる。
だから、手当たり次第に何でもやってしまう。

なりふり構わずやっている内に、
ある日突然「パチっ」とスイッチが入ったように、
軌道に乗ることがある。

何が効いたのかよくわからないが、魂が入ったという感覚だ。
これが成功した事業の共通パターン。


■何が当たるかわからない
なりふり構わずプロセスを実行しないと、
結果は出ないというのが僕の経験則だ。

「人事を尽くして天命を待つ」スタイルで臨んでいたら、
「勝てば官軍」となっていた、といったところだ。

だから、結局は、結果を求めればこそ、
プロセスが重要になる。


■意志ある?
僕が尊敬する経営者はいつもこう言っていた。
そこに意志はあるのか?
仕事をする際、魂を込めて意志あるプロセスを踏まなければ、
結果はついてこない。

←共感したらタップ!