9ba58fa2fd33a0b094d3afa7851bb511





とあるプログラマーの方の、行動力が凄かった。


■何か引っかかったら、すぐ動く
僕が以前、知覧に行った時に見た特攻隊員の手紙に感動した、
という話を彼にしたところ、
この話に対して何かが心に引っかかったらしく、
実際に知覧まで飛んだということを聞いた。

この彼、神がかった技術の持ち主で、特定の領域において、
際立ったプレゼンスを発揮しているが、
行動力もぶっ飛んでいる。

彼のように、僕らも「心に引っかかる」というのはよくある。
俗に言うところの、モヤモヤであったり、
ザワザワという表現がされるものだ。


■ポジなら即拾う、ネガなら即捨てる
このモヤモヤやザワザワって、放っておくと、
どんどん肥大化して、心の内に占める構成比が高まってしまい、
判断力が鈍ったりしてくる。

ならば、心に何か引っかかったら、即行動をして解決した方が、
生産性も高まる。

ポジモヤの場合なら、多少お金がかかっても、ちゃっちゃと実行した方がいいし、
ネガモヤの場合なら、さっさと離れて、切ることが大事になる。


■意思決定の回数を減らす
人が起きて活動している間、
1日で3万回の意思決定をしているという説もある。
そして、決定量には上限があるとも。

ならば、その決定の質を高めるために、
無駄な判断にエネルギーを使っていては、もったいない。

何か心に引っかかったならば、即行動で対処する。
間髪入れずに、スピード勝負。

仕事もそうだが、スピードが価値を生むとはよく言われる。
さっさと片付けて、 数をこなせば対応数も増える。

そして、何より、早く対応して数量を稼げば、
確率論として勝てる割合が高まる。



↑共感したらタップ!