199bb4b52eb6302469078fff14b0a4ee



その人が何を話そうとしているのか。

そこに注力することが要諦だ、
と先輩コンサルタントがいつも言っていた。

コミュニケーションする相手は、
お客さんであり、
上司であり、 
部下であったりする。

いろんな人がいるが、
基本的なコミュニケーションは、
言葉でのやりとりをするのが常だ。

ただし、
言葉から生み出されるイメージは、
話し手と受け手で異なることが前提。

例えば、
「犬を連れて散歩する」
という情報を発したとする。

そこから想起されるイメージのギャップは下記のとおり。

犬の種類や、
リードの有無や、
散歩している場所など。

双方のイメージが合致することは絶対にない。

だから、
行間を読みつつ、
足りないところは適切な質問をして、
埋めていく。

双方の完璧なイメージの合致はあり得ないが、
傾聴と努力でギャップの幅を埋めていく。

そうして、
相手が言ったことを咀嚼して把握する。

まずもって、
その人が何を言おうとしているかに耳を傾けるのが、
コミュニケーションの一歩目だ。


↑共感したらタップ!