e385c3ff670ececf08d118465d4607c9



習慣として本をよく読む。

知識を得るのに、
これほど効率のいいことはないと思う。

1冊が大体1,500円ぐらいで、
人様の知識なり経験を得られるのは、
どう考えてもコスパは高い。

最近では専ら、
電子書籍がメーンになったので、
単価も下がって、
1,000円ちょいが平均単価になった。

で、
この本の価格だが、
ページ数が多いほど、
高くなる傾向にある。

当たり前っちゃ当たり前で、
文字数が多くなるほど、
情報も多くなるし、
それだけ著者の執筆時間もかかるので、
価格が高くなるのは理解できる。

ただし、
これは、
プロダクトアウト的発想で、
読者にとって、
情報量が多いことが、
価値につながるかといえば、
実はそんなことはない。

何百ページの本を読んでも、
真に心に刺さるのは、
1行だったりする。

この1行に出会うために、
本を読んでいるところがあって、
そのほかの情報は、
オマケみたいなものだ。

だから、
本の価格が読者の価値に直結するかというと、
そんなことはない。

あと、
読書っていうのは、
投資というより、
賭けの側面がある。

1冊の本を読み終えるのに、
数時間はかかる。

読書に投下した時間を他に使えば、
別の収益に変わったかもしれない。

要は当たり外れがあるということ。

なので、
本のまえがきなんかで、
心に刺さる1行に出会えるかどうかを、
かぎ分けて、
なんか良さそうと思えば、
購入して読み進める。

1行に出会えるかどうかという質を求めれば、
仕事と同じで、
やっぱり量をこなさないと出会えないのかもしれない。


↑共感したらタップ!