icho-matsuri3



商売の鉄則は、
安く買って⇒高く売る。

このセオリーに異論を唱える人はいないと思う。

しかし、
この「安く買う」っていうことに対するアプローチを、
間違えてしまっては、
商売がうまくいかない。

というのは、
安く買い叩かれた方としては、
根に持つし、
良い感情が残らない。

誇りをもって、
自身の商品を売っているにもかかわらず、
値下げを要求されると、
価値がわかっていない相手に売ることになり、
継続して商売をしようとは思わなくもなる。

だから、
定期的に取引をするところには、
過度な値下げ要求や、
買い叩きみたいなことをするケチンボ経営者は、
大器にはなり得ない。

加えて、
こういうケチンボ経営者って、
人材採用についても、
安いオファーを出して、
一時的には、
人件費削減が実現できても、
従業員は継続的に勤務してくれなかったりするから、
結局のところ採用コストが上がってしまう。

だからといって、
全て言い値でokを出しても、
どこかのボンボン経営者に成り下がる。

だから、
取引相手ごとに見極めが必要で、
定期的に購入しないものなんかは、
どんどん値下げ要求をしてもいい。

結局のところ、
何が大事で、
何が価値が無いかを見極める力が、
商売に必要だ。


↑共感したらタップ!