ho04



なぜだか、
今オランダにいる。

ほんの数か月前は、
思いもしなかったことが、
どんどんと実現していく。

昔、
メーカー勤務時代のの部下が、
僕にこう言ったことがある。

「将来が見えるのが地獄です」

彼の言わんとしていることは、
10年・20年と頑張って仕事をしても、
行きつくところがわかってしまうから、
なんの刺激もなくて、
ただただ同じ毎日が惰性的に進むから、
地獄なのだ、
と。

彼が言っていることは、
正しくもあり、
間違っている。

まず、
正しいことは、
先が見えることのつまらなさ。

これはは確かにある。

逆に先が見えない不安定であれば、
精神が落ち着かないのではないかと思うが、
実際のところ、
安定すればするほど、
心は窮屈を感じてしまって、
つまらなく感じてしまう。

例えば、
スポーツでも、
圧倒的な強者と弱者が戦う場合、
安定的なゲーム展開は見込めるが、
全くおもしろくない。

これは、
テレビゲームでの、
無敵状態と似ている。

安定的に勝つことが分かっていては、
ゲームとして成立していない。

だから、
つまらない。

おもしろくするには、
不安定な環境に身をおくしかない。

そして、
最後に、
彼が間違っていること。

それは、
大企業でも今後存続していけるかどうか、
まったくわからないから、
20年後、
会社があるという前提が間違っている。


↑共感したらタップ!